2005.11.15 二日酔いの素
というわけで
先輩(以下先)のど飲酒運転でBarにGO

先輩彼女(以下先カノ)「yontaさん ごめんねー なんか、9月の時にはうまくいってないから紹介してって話だったのに、いつの間にかよりが戻ってしかも迎えに来るなんてね~」
俺「あー 全然いいですよ」
先カノ「ほんとごめんねー」

ええ
ほんとにどうでもいいですから(笑)

今、冷静に振り返ってみると、かなり無礼な人だったなと。
人の話し聞いてせんから~
自分の話だけしたいですから~
から から から(笑)

なぜか黙ってる先パイ

「俺が黙ってるのは、飲酒運転でビビッてるからだからな!」
ハイハイ(笑)

さてさて
Barに着いたら
誰もお客さんいません。

穏やかなムードの中、乾杯!!
軽く反省会
先「いやーひどい矢井田瞳だったなあ。ほんとB型の典型だよ」
先カノ「そうだよね。B型丸出しだったねえ。いつもはお客さんと美容師って感じだから。あんな人だとは思わなかったわ~」
俺「そうですよねー(オイオイ)」

なるほど。
大して知らないけど、とりあえず紹介されてしまったわけね(汗)

もうお腹いっぱいなので焼酎と乾き物をもらう。

先「あー なにこれ?唐辛子?」
マスター「おう。それはすげーかれーんだよ。あとその赤いのが、ハバネロだー。」
かごにスパイスが盛ってありました。
これが悲劇の始まりです。

先「食っていい?」
マ「やめとけって!!すげー辛いぞ」

・・・
・・・
・・・
先「カプ」
あー食べちゃった・・・

3秒後
先「うわー 痛い痛い」
マ「だから言ったじゃん」

先輩氷食べまくり(笑)

俺「先輩ちゃーん 大丈夫?(爆笑)」
先「殺す」
先「辛いって言うか痛い。痛すぎ。氷くれー」

その後30分くらい氷を食べてもがく先輩。

先「チョコ食っても味しねー」
俺「あひゃひゃひゃ」
先「殺す」


先「あー やっとおさまってきた」
マ「だから食うなって言っただろ」
俺「おつかれさまでした」

先「お前食え」
俺「嫌ですよ」
このやり取りを15分くらい行う

先「いいから食ってみって。大人になれるぞ」
俺「じゃあ食べますよ」
カプ


うわわああああああああああああ
何これ?
俺「氷!氷!!」
すげー辛い(大汗)

先「あひゃひゃひゃ」
ひでー
鬼だよこの人!!

あまりの辛さに俺もおかしくなってくる

俺「あひゃひゃひゃひゃ」
先カノ「大丈夫ですか?」
俺「あひゃひゃひゃひゃ」

20分後・・・
あまりかまなかったので比較的軽症(笑)
俺「いてーっす」
先「だから食うなっていったじゃーん」
俺「先輩ちゃん頼むよー」
先「(殴る)」

さらに10分後
先「さっき食ったから、余裕だろ?もっと食え」
俺「ういす」
また食べちゃうんだよなあ
芸人だから

俺「いてーーーーーーーーーー」
先「あひゃひゃひゃ」

そんなこんなで夜は更けていき、気づいたら12時

というわけで解散

家についたのは1時ちょい前
気持ち悪さにガバーを必死にこらえて寝た俺は、
今日お腹の調子が悪いっす。
理由?
辛いもの食べるとやられるんすよ
胃腸が。

おしりが痛い・・・
ヒリヒリします
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yonta.blog7.fc2.com/tb.php/334-4d180385